「みなさん、おはようございます。第○○○回の母親教室を始めます。」
いつもの通り、毎週水曜日には院長は診療を休んで、母親教室が始まります。
当院の母親教室は昭和54年6月に開業して、2週間後からスタートしました。
以来試行錯誤しながらも、阪神・淡路大震災の時以外は途切れることなく、今日まで続けることができました。(平成27年4月2日現在1500回)
母親教室の目的は初診時の限られた時間内では十分に伝えきれなかった、診療システムや子どもへのマネージメント(対応)について説明を補足することです。
 そしてその他にも口の中から見た健康全般についての話や院長の小児歯科への信念をできるだけ分かりやすく、しかも楽しく伝えて行きたいと思っています。
 
 
←トップページ このページのトップへ↑