近頃、“歯磨き”ではなく、“お口磨き”という言葉がコマーシャルで使われていますね。
歯を磨くというよりはお口の中全体をきれいにするという観念は大切なことです。
われわれは、一生使っていただく大切な歯およびその周辺のすべての組織(歯肉、歯槽骨、あごなど)がいつまでも健康であってほしい願っています。    
 当院では初診時だけでなく、治療に入る前も、定期検診の時も、常に歯科衛生士が“お口磨き”の指導に当たっています。
歯磨き法(歯ブラシ)
フロッシング法(糸楊枝)
インターデンタル法(歯間ブラシ)
洗口法(ぶくぶくうがい)
フッ素塗布法(フッ素リンスと歯磨き剤)
などを指導します。
 
 
←トップページ このページのトップへ↑