「月刊小児歯科臨床」2010年6月号
特集「食育最前線“弁当の日”」(院長企画)を紹介します。

「食育最前線“弁当の日”」の特集を企画して

  飽食の時代と言われています。しかし、現実、子どもたちの食生活はじゅうぶんに満たされているとはとても言えません。
  歪みきった子どもたちの食生活をもう一度しっかり見直してみたいと思っていたところ、岡山大学歯学部小児歯科学教室の 岡崎好秀先生から西日本新聞社の佐藤弘氏をご紹介いただき、ブックレット「食卓の向こう側」を知りました。そして今回 の特集「食育最前線“弁当の日”」を実現することが出来ました。
  『弁当の日』運動から子どもたちはしっかりした信念の中で環境を整えてやれば、どんな環境でも難なく乗り切っていくも のだということが分かりました。大いに「弁当の日」運動を拡げていきたいと思います。

「月刊小児歯科臨床」2010年6月号
特集「食育最前線“弁当の日”」

PDFをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要となります。
お持ちでない方は左の絵をクリックし、ダウンロードして下さい。(無料)